ロゴ
HOME>Column>矯正歯科での治療は保険が効くの?気になる治療費について

矯正歯科での治療は保険が効くの?気になる治療費について

口元

保険診療と自費診療について

名古屋にある歯医者さんの中には、矯正歯科を標榜している所も少なくなく、最新の治療も受けられるとして多くの患者さんが治療を受けています。歯医者さんでの治療の中には健康保険が適用されるものと、自由診療となるものがありますが歯列矯正治療の場合はどうなのでしょうか。ケースによって異なるものの、ただ単に歯並びを良くするという審美目的で治療を受ける場合は自由診療となります。虫歯や歯周病といった治療は疾患を治すのが目的で行うため、健康保険が適用される治療法を選択することは可能です。ただ、歯並びを良くするだけという目的で行う歯列矯正治療は、美容整形と同じように審美目的ということになり、治療費は全額負担となります。

男の子

矯正治療で保険が効くケースとは

通常、名古屋の歯医者さんで歯列矯正治療を受けた場合は自由診療ですので、治療費は全額負担しなければいけません。ただ、健康保険が適用されるというケースがいくつかあるので、どのようなときに効くのかをチェックしてみましょう。保険で歯列矯正治療が受けられるケースとして、まず挙げられるのが顎の骨の手術を必要とする顎変形症の場合です。顎変形症はしっかり噛むことができない、発音が正常に行えないというトラブルが起こることから病気の1つとして認められています。れっきとした病気ですので顎の骨の手術を必要とするほどの顎変形症を患っている場合は、健康保険で治療を受けることが可能です。また、国が指定した先天性疾患がある、久歯が先天的に6本以上足りないなど先天的に問題がある場合も、健康保険が適用されます。ただし、健康保険で治療を受けられるのは、国が指定した医療機関で治療を行うケースのみなので、国が指定した矯正歯科かは必ず確認しましょう。