ロゴ
HOME>Column>悪い歯列を整えるなら矯正治療を受けるべし!

悪い歯列を整えるなら矯正治療を受けるべし!

歯科矯正

大人の矯正と子供の矯正の違い

歯の矯正は、基本的に年齢には関係なく何歳でも行うことができます。ただ、大人と子供とでは歯の状態に違いがあり、矯正の効果にも手段にも違いがあります。多くの人が知るように、子供のほうが身体が未熟なため歯が動きやすく、矯正はしやすい状態にあります。また、子供の場合今ある歯ではなく、これから生えてくる永久歯のためにスペースを空けるなどの処置も治療の一環となります。大人の場合はすでに歯も歯茎も顎も形が固まってしまっているので、時間をかけて少しずつ歯の位置を動かして行く必要があります。子供よりも期間や費用がかかり、場合によっては外科手術や抜歯なども必要となるのが大きな違いです。どのような処置が適切かは、東郷町の歯科医院に相談すると良いでしょう。

歯科矯正

子供が矯正する場合に適したタイミング

歯並びは子供のほうが矯正をしやすい状態にありますが、ここで言う子供というのは永久歯に生え変わる12歳前後の頃になります。このタイミングで歯の生え変わり時期をうまく利用して矯正を行うと、掛かる期間や費用を抑えて治療を完了できるでしょう。子供の場合、手術や抜歯などの手段が必要になることが少なく、比較的楽に治療を行うことができます。早いうちから始めるに越したことはないと言われますが、永久歯がまだ生えて来ないうちからスペースを確保することで、正しく生えさえることも可能です。もちろん、時期が遅れたからといって治療出来ない訳ではありません。生えたばかりの永久歯は位置を動かしやすいので、マウスピースを嚙むだけでも比較的簡単に位置調整が出来る場合がほとんどです。子供の成長度合いや歯茎、歯の状態は東郷町の歯科医師に診断を受けて、最適な手段を提案してもらうのが一番です。