ロゴ
HOME>Column>インビザラインで治療中も安心!【目立たない最新治療を紹介】

インビザラインで治療中も安心!【目立たない最新治療を紹介】

マウスピース

インビザラインとワイヤー矯正の異なるところ

歯並びに自信のある方って、実際どれくらいいるのでしょうか。歯は、頬杖を付くクセや噛み癖、歯ぎしりなどで歪みが生じ、歯並びが悪くなることがありますよね。歯並びが悪いことがコンプレックスとなり、思いっきり笑えない、なんて方もいるのではないでしょうか。そんな悩みに対応しているのがインビザラインという透明なマウスピースで、この矯正装具はワイヤー治療とは違って取り外しが可能となっています。ですので、口腔内の環境を清潔に保つことができて、舌にも影響が少ないため喋りやすいという特徴があります。また、ワイヤー治療は着色汚れの心配のある飲食物の摂取が制限されますが、インビザラインでは制限なく摂取することが可能です。金属アレルギーの方でも利用することができ、東京の歯科医院でも取り扱っている歯科医院が豊富にあります。

マウスピース

インビザラインで矯正する場合の治療期間

インビザラインは、基本的に1日のうち20時間以上の装着が必要な装具です。また、患者の症状や状態によって違いはありますが、治療期間はおよそ数カ月から2年とされています。大体、1年半程で整い、その後は細かい調整を行っていくというのが一般的です。来院数も2ヶ月に1度程で良いので負担も少なく、通常のマウスピースでは毎回歯の型を取りますが、インビザラインは1度で済みます。従来のマウスピースやワイヤー治療では、歯の矯正をしている時、笑ったり話をしたりする時に装具が見えてしまうことがありましたよね。ですが、インビザラインは目立たないので、気にせずおしゃべりや食事を楽しむことができます。東京にも、インビザラインの治療が可能な歯科医院が、駅から近い徒歩圏内にありますので、気になる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。